シュッとした小顔をGET【安心の矯正治療を受けるクリニック探し】

女の人

施術の持続性とは

相談

マッサージによって行なう小顔矯正は、テレビや雑誌などでよく取り上げられています。人の顔は、硬い粘土のようなものと例える人もおり、正しい方法で根気強くマッサージすれば小顔にすることもできるといいます。実際にプロがフェイスマッサージすることによって、小顔効果があることはテレビでも実証されてきました。ちなみに、人の顔は1ミリの変化があるだけでも、かなり印象が変わって見えるのです。この、フェイスマッサージによって得られる小顔矯正効果は、約1週間から2週間といわれています。ですから、定期的に行なう価値はあるといえるでしょう。また、フェイスマッサージは、顔の老廃物の流れを良くして、外へ排出させやすくする効果もあります。このことで、顔を若々しく保つことが出来るようになるのです。美容にも健康にも良いので、フェイスマッサージは出来れば習慣として身につけておきたいものといえます。

小顔矯正をする方法には、美容整形外科で骨を削ることや、ボトックス注射を打つなどがあります。プチ整形として良く利用されるボトックス注射は、施術が簡単に済ませられることから、初めての人におすすめです。注射を打ってから効果が出るまでの期間は、約1ヶ月と長いので少し困ります。ですが、効果の持続期間が、半年と長いのは魅力的といえるでしょう。また、一度ボトックス注射をした後であれば、効果が切れる1ヶ月前に注射をしていれば常に小顔矯正した状態を保つことができます。年にたった2回施術を受けるだけで済むのですから、とてもお手軽だといえます。ちなみに、ボトックス注射を一度に数回打つと持続時間を伸ばすことができるとされているのです。ですから半年以上は、美容整形外科へ足を運ぶ必要もなくなります。

美容整形の施術を利用すれば、高い確率で小顔を作り出せるのは間違いないです。ただし、施術内容によっては、数回通院する必要があります。数回の通院は、地味に費用がかかってしまうので、家計に負担がかかってしまわないか心配になってしまうものです。そこで、1回だけの施術効果を長期的に持続させるための方法を知っておくのがおすすめです。自宅でも気軽に出来るセルフマッサージ方法を利用すれば、美容外科の小顔矯正施術の効果も長持ちします。ただ、自身でやる場合、皮膚にダメージを与えないために注意すべきことを把握しておいたほうがいいです。皮膚に摩擦のダメージを与えないためにオイルやクリームを使って、痛気持ちい程度の力に抑えながらマッサージを行なうのがおすすめです。また、左右対称の力で行なうのと、皮膚が薄い目の周りや口周りは優しめにマッサージするのが望ましいです。